社会福祉法人あそか会 あそか病院

  • 背景色
受付時間
午前 8:30~11:00(再診11:30)
午後 1:00~4:00

東京都指定二次救急医療機関

休診日
土曜日午後・日曜日・祝日

救急外来24時間対応

東京都江東区住吉1-18-1 TEL:03-3632-0290

東京都江東区住吉1-18-1

03-3632-0290

入院・面会

hospitalization

HOME > 入院・面会 > 回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟

回復リハビリテーションとは

回復期リハビリテーションとは在宅復帰を目指すために行われるリハビリテーションのことです。日常生活動作(ADL)の改善を目的としたリハビリテーションを集中的に行います。
回復期リハビリテーション病棟では、リハビリテーションチーム(医師、看護師、理学・作業療法士、言語聴覚士、医療相談員、管理栄養士)が患者様やそのご家族に対し、在宅・社会復帰に向けてサポートを行っています。

対象疾患

厚生労働省が定める回復期リハビリテーション対象疾患

疾 患 発症から入院 入院期間
1 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、クモ膜下出血のシャント術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症又は手術後の状態、又は義肢装着訓練を要する状態 2ヶ月以内 150日
2 大腿骨・骨盤・脊椎・股関節もしくは膝関節の骨折または二肢以上の多発骨折の発症後または手術後の状態 2ヶ月以内 90日
3 外科手術・肺炎等の治療時の安静によって生じた廃用症候群を有しており、手術後または発症後の状態 2ヶ月以内 90日
4 大腿骨・骨盤・脊椎・股関節・膝関節の神経・筋または靭帯損傷後の状態 1ヶ月以内 60日
5 股関節または膝関節の置換術後の状態  (※損傷より)
1ヶ月以内
90日

回復期リハビリテーション病棟と患者様のかかわり方

この病棟は【起きる・座る・立ちあがる・歩く・用を足す】などの日常生活動作や、介助量の軽減を促す、つまり自分で出来る身の回りの動作を増やすことを目的とした【生活密着型病棟】です。入院生活全般が日常生活に必要な能力の獲得を目的としたリハビリテーションであるため、自分でできることは出来る限り自分でしていただきます。出来ないことや見守りが必要な時は最適な援助を行います。退院に向けて病棟全てのスタッフがチームを組み、専門性を生かしながら援助していきます。

在宅復帰支援のための居宅介護支援事業所・地域包括支援センターとの連携

居宅介護支援事業所とは

利用者が可能な限り自宅で自立した日常生活を送ることができるように、利用者の心身の状況や置かれている環境に応じた介護サービスが利用できるように、ケアマネジャーが利用者に最適なケアプランを作成します。そのプランに基づいて適切なサービスを提供いたします。また事業者や関係機関との連絡・調整を行います。

地域包括支援センターとは

介護保険法で定められた、地域住民の保険・福祉・医療の向上・虐待防止・介護予防マネジメントなどを総合的に行う機関です。各区市町村に設置されています。2005年の介護保険法改正で制定されました。

入院相談について

医療相談室 TEL 03-3632-0297(直通番号)
まずはお電話にてご相談ください。
医療機関の方へ

医療ソーシャルワーカーより

病気や怪我をきっかけに様々な心配事や問題が起きる場合があります。
医療相談室では専門職員である医療ソーシャルワーカーが様々な相談をお受けし、これからの生活を一緒に考え、安心して、入院生活や在宅生活が送れるように社会福祉の立場からお手伝いいたします。

TOP