社会福祉法人あそか会 あそか病院

  • 背景色
受付時間
午前 8:30~11:00(再診11:30)
午後 1:00~4:00

東京都指定二次救急医療機関

休診日
土曜日午後・日曜日・祝日

救急外来24時間対応

東京都江東区住吉1-18-1 TEL:03-3632-0290

東京都江東区住吉1-18-1

03-3632-0290

外来診療

service

HOME > 外来診療 > 診療科目・部門 > リハビリテーション科

リハビリテーション科

リハビリテーション科とは

病気や怪我、治療のための安静臥床などにより生じた心身の障害に対して、早期より機能・能力の改善を促します。よりよい生活が送れるよう、医師をはじめ理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・看護師・ソーシャルワーカーなど様々な専門職によるチーム医療の提供を行い、患者様の家庭復帰・社会復帰の支援を行っています。

理学療法とは

病気や怪我などにより低下した身体機能の改善を図り、起きる・立つ・歩くなどの基本動作の獲得を目指し、より安全な生活を送れるように支援しています。また、運動・動作の専門性を活かし、装具や福祉用具の適応相談、住宅改修相談も行います。

作業療法とは

トイレ動作や入浴動作、更衣動作など日常生活の動作獲得を目指します。また、手工芸や遊び・スポーツ、会話や食事など様々な作業を通して、障害がある方の生活の向上を目指します。作業を通じて日々の生活の楽しさや、生きる気力を沸き起こし、人生全体を豊かにするお手伝いを行います。

言語聴覚療法とは

言葉によるコミュニケーション(言語障害や聴覚障害、言葉の発達の遅れ、声や発音の障害など)に問題がある方に対して、言語療法を行い、生活の質の向上を目指します。また、うまく噛めない、うまく飲み込めない方に対して嚥下訓練を行い、誤嚥なく安全に摂取できるように支援しています。

対象疾患

骨折などの整形外科疾患や脳梗塞・脳出血などの脳血管障害、安静治療などによる廃用症候群、呼吸器障害の患者様に対応し、リハビリテーションを提供しております。

診療時間

診療受付時間 日(祝)
午前 - - -
午後 - - -

担当医スケジュール(診療分担表)

特徴・スタッフの紹介

特徴

当院は、理学療法・作業療法・言語聴覚療法を3部門を揃えており、患者様一人一人に合わせた専門的なリハビリテーションを提供しております。機能の改善のみららず、家庭復帰・社会復帰への支援をしています。

入院

急性期病棟・回復期リハビリテーション病棟・地域包括ケア病棟・療養病棟があり、急性期から維持期まで一貫したリハビリテーションを提供しています。病棟スタッフとともに病棟生活や退院後の生活に合わせたチームアプローチを行っています。また、回復期リハビリテーション病棟は365日リハビリテーションの提供を行っています。
自宅復帰をされる患者様に対して、必要性に応じ家屋評価や福祉用具の選定・相談にも応じています。

外来

当院ご入院中にリハビリテーションを受けて退院された患者様に退院後のフォローとして、整形外科的疾患の患者様に対して、外来リハビリテーションを提供しています。

リハビリテーション科スタッフ

医師(疾患別リハビリテーション料登録 専任) 1名
非常勤リハビリテーション専門医 5名
理学療法士 17名
作業療法士 7名
言語聴覚士 3名
助手 1名

リハビリテーション室

理学療法・作業療法室
言語聴覚室Ⅰ・Ⅱ
物理療法室
リハビリテーション科事務室

施設基準

疾患別リハビリテーション(平成29年4月現在)

脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
運動器疾患リハビリテーション料(Ⅰ)
呼吸器疾患リハビリテーション料(Ⅰ)
廃用症候群リハビリテーション料(Ⅰ)

実績・教育

リハビリテーション科実績

リハビリテーション科患者層(平成29年1月~3月)

入院

  • 理学療法
  • 作業療法
  • 言語聴覚療法

外来

回復期リハビリテーション病棟実績(平成28年度)

患者層
在宅復帰率 85.20%
平均提供実施単位数 7単位

スタッフ教育・指導

新人教育(マンツーマンによる個別指導)

先輩スタッフが業務内容から訓練内容まで相談・指導を行っています。

チーム体制

職種別に数人でチームを組み、患者様への訓練内容などフォローや問題点の解決、治療方針の修正などを行っています。

各病棟別勉強会

病棟スタッフとともに知識・技術向上のため、勉強会を行っています。

リハビリテーション科内勉強会

科内での勉強会を実施しています。

院外での勉強会・研修会参加

都士会や理学療法士・作業療法士・言語聴覚士協会へも積極的に参加しています。

学会発表

TOP