令和元年度 社会福祉法人あそか会 あそか病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 10 67 77 110 162 249 509 667 276
当院の入院患者様は高齢化の影響で、60歳以上の患者様は全体の8割以上を締めております。(※-:10症例未満は厚生労働省保険局の「病院情報の公表」に係る病院情報の集計条件等によりハイフンの表示となっております)
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 124 2.02 2.63 0 68.05
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 93 32.24 20.84 1.08 84.88
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 91 1.29 3.02 0 69.53
0400801499x012 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 50 24.48 18.27 0 87.64
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 41 26.02 12.58 85.41
内科では、令和元年度1,333人の新入院患者様を受け入れており、DPC名称別では、小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む)。誤嚥性肺炎・尿路感染症の患者様を多く診療しております。(※-:10症例未満は厚生労働省保険局の「病院情報の公表」に係る病院情報の集計条件等によりハイフンの表示となっております)
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060241xx97xxxx 痔核 34 3.35 5.72 0 59.65
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) 27 5.26 4.85 0 69.85
060100xx99xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 17 1.35 3.02 0 75.71
060150xx03xxxx 虫垂炎 15 5.53 5.45 0 41.47
080010xxxx0xxx 膿皮症 15 15.87 12.55 0 79.33
外科では、令和元年度371人の新入院患者様を受け入れており、DPC名称別では、痔核、鼡径ヘルニア(15歳以上)、胆のう結石、小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。)の患者様を多く診療しております。(※-:10症例未満は厚生労働省保険局の「病院情報の公表」に係る病院情報の集計条件等によりハイフンの表示となっております)
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 24 60.79 19.40 0 81.13
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 22 63.77 25.94 0 85.14
160850xx01xx0x 足関節・足部の骨折・脱臼 10 12 15.59 0 45.3
160700xx97xx0x 鎖骨・肩甲骨の骨折 9 11.11 5.94 0 55.11
160800xx99xx0x 股関節・大腿近位の骨折 7 49.14 14.43 0 80.14
整形外科では、令和元年度204人の新入院患者様を受け入れており、DPC名称別では、胸椎、腰椎医科骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む)、膝・股関節・大腿近位の骨折の患者様を多く診療しております。(※-:10症例未満は厚生労働省保険局の「病院情報の公表」に係る病院情報の集計条件等によりハイフンの表示となっております)
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 16 5.88 5.01 6.25 64.38
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 11 5.36 7.76 0 47.36
030428xxxxxxxx 突発性難聴 11 8.45 8.93 0 62.91
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 6.80
030270xxxxxxxx 上気道炎 4.94
耳鼻咽喉科では、令和元年度137人の新入院患者様を受け入れており、DPC名称別では、鼻前庭機能障害、扁桃腺周囲膿瘍、急性扁桃腺炎、突発性難聴の患者様を多く診療しています。(※-:10症例未満は厚生労働省保険局の「病院情報の公表」に係る病院情報の集計条件等によりハイフンの表示となっております)
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 18 11.06 12.58 0 68.22
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 15 3 2.49 0 69.13
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 7.07
11012xxx040x0x 上部尿路疾患 2.64
11022xxx99xxxx 男性生殖器疾患 8.98
泌尿器科では、令和元年度110人の新入院患者様を受け入れており、DPC名称別では、腎臓または尿路の感染、前立腺の悪性腫瘍の患者様を多く診療しております。(※-:10症例未満は厚生労働省保険局の「病院情報の公表」に係る病院情報の集計条件等によりハイフンの表示となっております)
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 18 第6,8版
大腸癌 11 33 第6,8版
乳癌 第6版
肺癌 第6,8版
肝癌 第6版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
当院では外科の大腸専門医がおりますので、大腸癌の症例が多くなっており、続いて胃癌の症例も多くございます。病期分類の不明については、高齢患者様の中には積極的な検査、治療を希望しない患者様も多く、病理診断レベルでの確定診断がされない症例が含まれております。それに伴い化学療法も実施しております。(※-:10症例未満は厚生労働省保険局の「病院情報の公表」に係る病院情報の集計条件等によりハイフンの表示となっております)
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症
中等症 122 25.96 84.54
重症
超重症
不明
入院の契機となった病気およびDPC病名(主に治療した病気)が成人の市中肺炎(日常生活でかかる肺炎)の退院患者様をA-DPOPスコアを計算して重症度別に集計しております。
※平均在院日数・・・全患者様の入院していた在院日数の平均です。
※A-DROPスコア・・・身体所見、年齢による肺炎の重症度分類
当院でもっとも多いのは中等度です。中等度、重症と平均年齢が高く、治療に時間がかかり、平均在院日数が長くなっております。また、80歳代の高齢の患者様が8割以上となっております。(※-:10症例未満は厚生労働省保険局の「病院情報の公表」に係る病院情報の集計条件等によりハイフンの表示となっております)
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 13 135.62 82.31 2.5
その他 27 97.44 82.3 7.5
当院は回復期リハビリテーション病棟を有しており、他院からの転院や急性期治療の患者様が多く、リハビリテーションを提供しております。回復期リハビリテーション病棟での治療期間が長くなるため、平均在院日数も長くなっており、80歳以上の患者様が多くなっております。ウェルウォーク等の機器も充実しております。(※-:10症例未満は厚生労働省保険局の「病院情報の公表」に係る病院情報の集計条件等によりハイフンの表示となっております)
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 127 0.51 1.6 0 68.53
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 14 34.07 135.29 14.29 82.36
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。) 11 53.36 52.82 0 79.73
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上)
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法
短期入院での内視鏡を使用した手術が多く、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術がもっとも多くなっております。また難病の潰瘍性大腸炎の専門医がおり大腸カメラ、化学療法も多く実施しています。(※-:10症例未満は厚生労働省保険局の「病院情報の公表」に係る病院情報の集計条件等によりハイフンの表示となっております)
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 25 0.96 3.28 0 69.32
K7432 痔核手術(脱肛を含む)(硬化療法(四段階注射法)) 16 0.06 1.13 0 58.69
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 15 0.67 3.87 0 41.47
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 14 1.21 1.36 0 69.43
K7461 痔瘻根治手術(単純) 11 0.82 2.73 0 45.45
大腸専門医がおりますので、ポリープ切除、痔などの手術が多く、50歳以下の若年層も腹腔鏡下(鼡径ヘルニア・虫垂炎)の手術も積極的におこなっているため、症例件数も多くなっております。(※-:10症例未満は厚生労働省保険局の「病院情報の公表」に係る病院情報の集計条件等によりハイフンの表示となっております)
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 20 2.95 46.45 0 81.45
K0462 骨折観血的手術(下腿) 14 2.43 6.93 0 56.14
K0463 骨折観血的手術(足)
K0484 骨内異物(挿入物を含む)除去術(鎖骨)
K0811 人工骨頭挿入術(股)
高齢者の患者様が多いため、大腿骨の症例が上位を占めており、術後の自立度(日常生活における、自立度の程度を表すもの)を上げるため、リハビリテーションなども積極的におこなっており、術後日数が長くなっております。(※-:10症例未満は厚生労働省保険局の「病院情報の公表」に係る病院情報の集計条件等によりハイフンの表示となっております)
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 11 0.36 4 0 47.36
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) - - - - -
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術4型(汎副鼻腔手術) - - - - -
K333 鼻骨骨折整復固定術 - - - - -
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - - - - -
当院耳鼻咽喉科では扁桃周囲膿瘍切開術の症例が上位を占めており、50歳以下の若年層の方も積極的に手術をおこなっています。
(※-:10症例未満は厚生労働省保険局の「病院情報の公表」に係る病院情報の集計条件等によりハイフンの表示となっております)
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(その他) - - - - -
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術 - - - - -
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) - - - - -
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) - - - - -
K7981 膀胱結石摘出術(経尿道的手術) - - - - -
膀胱悪性腫瘍症例が上位を占めており、高齢者の患者様が多くなっております。体外衝撃波腎・尿管結石砕石術についても積極的におこなっております。前立腺癌の有無を確認します、前立腺針生検も多く実施しています。(※-:10症例未満は厚生労働省保険局の「病院情報の公表」に係る病院情報の集計条件等によりハイフンの表示となっております)
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
(同一)
術後創部感染、カテーテル関連尿路感染症、術後貧血
(異なる)
術後吻合部狭窄、術後大腸穿孔
(※-:10症例未満は厚生労働省保険局の「病院情報の公表」に係る病院情報の集計条件等によりハイフンの表示となっております)
更新履歴
R02.09.30
令和元年度 社会福祉法人あそか会 あそか病院 病院指標を公開